上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日の続きです・・・

 佐野SAを後にしてから、白河ICまで一気に走り、JKC東日本災害救助犬訓練施設に到着したのは、9時ちょっと前でした。

 本年3回目となるこの日は、参加者9人と大人数でした。

 午前中は、認定Bの服従課目『遠隔操作による方向転換』の練習を少しだけやらせていただいたのですが、日曜日に初めてやったときより少しだけ勢いがあったので(他の優秀な救助犬君達に比べたら超激遅なんですが・・)、ちょっとだけホッとしたような・・・・。

 その後は、捜索訓練を午前1本、午後1本とやりましたが、今回は前回にもましてパッとしない出来でした。
 夏合宿の頃までには、指導手も犬も、もう少しちゃんとできるようになるといいのですが・・・。

 ※ 今回は、ずっと雨の中での練習だったので、写真はないでっす。


 ここ何回かの練習のときには、疑似遭難者役を少しだけやらせてもらってますが、疑似遭難者役が失敗すると、きちんと捜索できているペアの調子を崩してしまったりすることがありますから、疑似遭難者役をするときは、自分達の捜索訓練のとき以上に緊張します。
 一口に災害救助犬といっても、それぞれの犬ごとにレベルもタイプも違いますから、疑似遭難者役の人間もそれぞれの犬にあった形で、黙っていたり、誉めてあげたり・・・っと対応を変えないといけません。
 基本的には、あらかじめ指導手側から、「5回以上吠えたら、一度誉めてあげて、それからさらに調子よく吠えたら、適度なタイミングでボールをあげて引っ張りこして遊んであげてくれ」とか「誉めるタイミングも、ボールを出すタイミングも指導手がその都度に指示するから、それに従ってくれ」とか「犬が来て、暫くしても吠えなかったら○○~って名前を呼んであげて、吠えたらすぐに後押しするように誉めて、オヤツをあげてくれ」など事細かい指示があるのですが、いつも想定どおりに事が進むわけではないので、結構難しかったりします。

 もっとも、この疑似遭難者役、緊張したり、難しかったりする分だけ、自分にとっては、もの凄く勉強になっているように思えます。


日本ブログ村のブログランキングに参加してまぁ~す。
更新さぼってばっかりですが、よろしくお願いしまぁ~す。

 
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ  ←ここをクリックしてくださぁ~い




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://degreearescuedog.blog94.fc2.com/tb.php/164-3d050f37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。