上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週末も服部牧場です。

シープドッグ講習会に参加しはじめたのは、丁度3年前ころ?
当時は、災害救助犬訓練をメインでやっていて、シープ講習会は月に2回行くか
行かないかでしたから(半年くらいぱったり行かないなんてこともありました)

こんなに、シープ講習会漬けになるとは思ってもいませんでした。
・・・一番、目に見えて上達しないのに・・(笑)

こま助は、シープドッグ講習会以外は
いつも早い段階で、そこそこの結果を出していました。
訓練競技会では、1歳2カ月でデビューして
9か月の1歳11カ月にはグランド・トレーニング・チャンピオン

救助犬も2歳になってから練習をはじめ
半年後の2歳6か月に一発で認定試験に合格

アジリティーは、関節の心配から断念しましたが
決して覚えが悪くはなかったですし

フライボールも練習はじめて数時間で覚えて
1回だけですが表彰台にものれた・・

なので、このシープドッグ講習会での不出来さ加減は、本当に参ります。

っが!
この不出来さ加減が、最高に楽しいんです

上達が遅いからこそ、
まさに一歩、一歩マエへってのが実感できます。

とりわけ、この秋シーズンになってからの、
微妙な変化を感じながらやる感覚が
面白くでしょうがありません。

ときに、数歩後戻りしてしまうこともありますが、
全体としての立ち位置が
以前よりずっと前に進んできているなぁ・・
っと感じとれたりするんです。


あと・・このシープドッグ講習会は、
羊という生身の第三者が入ってくるため、
犬と話す場面が非常に多くなるというの
も好きな理由の一つなのかもしれません。

どんな話をするかというと
『カンバイ』左から回り込めよぉ~
『アウェイ』右から回り込めよぉ~
『ウォークオン』真っ直ぐ進めよぉ~
『ダウン』止まれよぉ~
っという話ではなく(笑)

例えば

飼い主『ウォークオン(真っ直ぐ進めよぉ~)』
≪ススッと進むが、羊動かず≫
こま助『羊との距離2メートルで立ち往生(なんかダメっぽいんですけどぉ~)』

飼い主『ウォークオン(大丈夫だっての!行けっての!!)』
こま助『立ち往生のまま(・・・・・)』

飼い主『ウォークオン♪ウォークオン♪あそれウォークオン♪(ほらほら!あと一歩行けっての!!あそれ♪もう一歩♪もう一歩♪もう一歩ったら、もう一歩♪)』
こま助『立ち往生のまま(まったく離れたとこで、気楽に言うなっての、事件は現場で起きてるんだっつうの!)』

飼い主『・・・・・(しょうがないなぁ・・ちょっと羊に脅しかけてやればいいんだってのに、まあいいや・・)』
飼い主『よし!行っちゃえ!ゴーゴー(ちょっとだけ勢いつけていいぞぉ~)』
こま助『ガウガウ突撃(もう破れかぶれだ!)』

飼い主『ダーウン!ダウンダウン!!(ばか!行き過ぎだっての!一歩だけ勢いよく行ったら止まれっての!)』
≪羊バラバラ≫
こま助『・・・(行けっつうから言ったんだろ、勝手なことばっか言うな!)』

みたいな感じっていうんですかねぇ・・

少し怪しい領域の気もしますが、
シープドッグ講習会のときは犬の背中越しに
そういう話をしているような感覚になれるんですよねぇ~(笑)
※こま助は、まだまだ振り向いちゃう機会が多いのですが、
最近になってときどき↑のような会話を
背中越しに出来た気になれるときがあります。



そういえば、本日は、少し写真を撮りましたのでUP
(カメラマン=飼い主のため、こま助のは0枚です)

まずはさくらちゃん
DSC_2233.jpg
こま助とは違う、才能あふれる系ボーダー
なんたって、羊に対する意欲が違います。

飼い主さんの棒には、缶がついていて・・
コマンドと違うことをすると、ガシャ!って鳴ります。
音が鳴ると一瞬ひるみますが、こういう意欲のある犬は、
そういう障害を乗り越えてでも羊にまた近づいていくんですよねぇ~
※こま助に、ガシャってやったら、おそらく二度と羊に近寄りません(汗)

DSC_2233.jpg
ちなみに、先日はじめて知ったんですが、この棒の類は
行かせたい方と反対の方に出すのが正解ということらしいです。
服従系訓練の長かった自分は、ずっと
“指符のような感じで、行かせたい方向を指すんだろうなぁ・・”
と思っていました・・・(汗)
でも、話を聞けば、なるほど理にかなっている。
この写真なんか特に分かり易いんですが、

カンバイという指示をだしながら、
アウェイ方向に犬の嫌いなものをチラつかせる
アウェイに行くとガシャ、
カンバイに回ればスムーズに行ける
ということを染み込ませるということみたいです。

ちなみに、この棒についてる缶は、
時に犬にガシッと直撃します(恐)
※ なので、ごくまれ~に
牧場に遊びに来ている人が道路脇で
『可愛そうぉ~ え~~痛そう~~』
っとか言っているのが、聞こえることもあるんですが

これは虐待にあらず
この犬達は、バシッと当たっても、
まだまだやりたいっていうくらいの楽しい事を
やらせて貰っている、とびっきり幸せな犬達なのです





羊さんの後ろからニョキッと出てきたのは
大吉(だいきち)くん・・漢字違うかも・・汗
DSC_2261.jpg
単に写真を撮るのが下手ともいいますが・・
シープドッグの講習風景を取るのって難しいっす。
自分は、羊の斜め後方からススッと羊を見ながら
カンバイやアウェイで回り込んでくるシーンが一番好きなので
そこをアップで撮りたいのですが・・
・・どうしても・・手前の羊にピントが合ってしまう・・。
やはり、マニュアルでやらないとダメなのかなぁ・・

DSC_2278.jpg
ちなみに、こちらも、やる気満々のボーダーです。
DSC_2277.jpg

DSC_2290.jpg
見るたびに上達していて、このやる気
・・来年の今頃は、こま助とか完全に抜かれてますな・・・汗
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://degreearescuedog.blog94.fc2.com/tb.php/350-60c4ede4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。