ここのところずっと広い方での練習が続いていましたが

今日と明日は、狭い方で
ちょっと趣向の違う練習をすることになりました。


練習する内容は
カンバイ、アウェイ、そしてウォークオンの強化です。

今までは、一連の流れの中にカンバイ、アウェイ、ウォークオン
を、なるべく失敗しないようにさせるという感じで

例えば、カンバイしやすい場面、
あるいはこの状況なら自然にカンバイになりそうな場面で
カンバイをさせることが多く

ここでアウェイはちょっと厳しいか?という場面では、
「来い」を併用しながら、進行方向をアウェイに入り易いように修正
しながら成功させるようにやっていました。
※ようは、ハンドラーが成功しやすい状況を意図的に
どんどん作り込んでいくという感じでしょうか・・



これに対し、今日と明日の二日間でやる練習は、まるっきり逆の方法になり、
ここはどう考えてもカンバイという場面をあえて作った上でアウェイをさせ、
ここはアウェイという状況を作りながら、カンバイをさせるというようにし、
羊の動きや向き、あるいはハンドラーの立ち位置や動き、
それ以外の諸条件等に左右されることなく
確実にカンバイやアウェイの指示に反応できるようにする練習です。
※変な話ですが、犬が失敗しやすい状況を意図的に作りながら、
なおかつ失敗させないようにする・・という


1R目にやったときは、ハンドラーたる自分自身もちょっと混乱してしまいましたし、
こま助は、当然のように自分や羊の動きに釣られてしまうことが多く、
なかなか上手くいきませんでしたが

2R目には、そこそこ精度が高まってきて、アウェイ・カンバイという指示に
対する理解が、この練習で確実に深まっていく感じがしました




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://degreearescuedog.blog94.fc2.com/tb.php/387-56fe21e9