GW前半の日程は、
29日(土)
   午前:大磯のお地蔵様にお参り&先代こまのお墓参り
   午後:シープドッグ講習会
30日(日)
   午後:シープドッグ講習会
にはじまり、
 1日(月)
   終日:福島遠征
 2日(火)
   終日:福島遠征
と、けっこうギッシリなスケジュールとなっていました。


DSC_3302.jpg

原因不明の病気で倒れ、獣医さんに練習を止められてから、
再開許可が出た昨年の暮れまで、ずぅ~っとお休みしていましたから、
この場所に来るのは、実に2年半ぶりとなります。

DSC_3336.jpg

この2年半で、施設の設定が変わっていましたし、
捜索方法も変わっていましたが・・・

2月下旬に少しだけ、神奈川県内の資材置場で練習したことが役に立ったのか、
こま助は、予想してたよりもずっと良い動きでした。

DSC_3340.jpg

探せ のコマンドで、一気に飛び出し

DSC_3342.jpg

DSC_3345.jpg



足場の悪い箇所も、それほど気にすることなく
ボーダー・コリーの身軽さを活かして、
ドンドンと進んでいき



DSC_3347.jpg

DSC_3349.jpg


2月の練習では、ただ走り回るだけだったのが、
今回は、しっかりと鼻を使いながら、
浮遊臭をたどるように動くようになり

DSC_3350.jpg

DSC_3352.jpg

場所をしっかりと特定し

DSC_3353.jpg

発見を知らせる告知の吠え



DSC_3362.jpg

一人目を探し終わってからの再スタートも

DSC_3366.jpg


DSC_3369.jpg

DSC_3372.jpg

DSC_3373.jpg

それほど集中力を切らすことなく、
意欲的に捜索し続け

DSC_3376.jpg

二人目も無事に発見



DSC_3380.jpg

終了後のテンションも下がることなく、
良いイメージをもったまま終われるので、
練習回数の度に、一つづつ違う段階の練習が
できるような感じでした。

 ※ もちろん、これらはT先生はじめ、訓練士さん達が
   捜索前の調整から、捜索中、捜索終了時に至るまで、
   指導手や犬に適宜の指導をしてくれるからこそなんですが・・



2年半前の練習時にも感じていたことですが
プロの訓練士さん達と一緒にするこの救助犬練習は、
参加するたびに、いろんなことを学ぶことができると思います。


今回の練習では、犬(とくに、こま助)の浮遊臭の取り方が、
少しだけですが、分かってきたような感じがします。











スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://degreearescuedog.blog94.fc2.com/tb.php/460-eaccfeed