上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日もぉ~
服部牧場から・・・。
※ 最近、シープドッグ講習会のことばかりがブログネタになり、
 ちょっとワンパターン化してますが・・・・
  今シーズンは、休日のほとんどを服部牧場で過ごしているので、
 ブログネタどころか、生活そのものがワンパターン化してる
 恐れがあります(汗)


今日の練習も非常に楽しくやることができました

まず1R目は、

昨日と同じように牧場半周コースとなりましたが、
昨日よりも、すんなりと厩舎前まで辿りつけたため、
そのまま厩舎前の広場で、練習をさせて貰えました
①先導型のカンバイ、アウェイ、ウォークオン
②羊から離れて、カンバイ・アウェイで回り込ませて連れてくる
③連れてきた羊をウォークオンでハンドラーから遠ざける押し
などの柵の中でやる練習と同じようなことを
10分間ほどやらせてもらいました。

柵の外でする練習は、ハンドラーにとって凄く良い勉強になります。
なんと言っても、逃げられちゃぁ~大変ですから、
必然的に、柵の中でやるときよりも、
羊の様子を真剣に見るようになります。
羊の目線、群れの形態、・・・・・
さらには、それ以外の羊に影響を与えそうな諸条件
(a)草の生え具合
   今日すんなりと目的地に辿りつけたのは、この辺がポイントだったかも・・
    草の短いところ、生えてないところと生えてるところを使い分けて、
    羊のスピードを多少コントロールすることを試みたという・・

(b)馬や牛といった他の動物達
   途中で、奥の方で、牛の移動がされたりしたので、
    これが羊やこま助にどう影響するか予測できず、
    とりあえず羊達を柵近くに移動させて、動かさないようにキープ

(c)柵内にいる多数の羊達
   オレンジ色の線の横にある柵内に今日はたくさんの羊達が放たれてました。
(d)道行く車
   まぁ・・車の往来はほとんどなかったですね(笑)
(e)観光に来ている人や犬
   今日は、9時半からの練習だったので、
    犬連れの観光の方がいたりしました。

(f)その他モロモロ(笑)

これらを全て考慮した上で、
どうやって羊達を安定した状態のまま誘導しながら
練習するかを組み立てていく必要があるので、
体も頭もフル回転です。
※ 極端な話、いざというときに待機してくれている
 先生の犬の位置もしっかりと使わせてもらいます。
 例えば、ひらけた方向へ押させる・・ときなんかは、
 先生の犬の方向に押させれば、ある程度の距離のところで、
 羊に勝手にブレーキがかかりますから、ある程度安心して
 押させることができます。
  もっとも、ブレーキがかかる直前くらいで、反転させて
 あげないと、まだまだ弱腰のこま助に自信を失わせる結果
 になりそうですから、その辺は微妙に調整してあげないと
 いけませんが・・・


DSC_6633.jpg
 今日は、写真を1枚も撮らなかったので、昨日のやつを流用・・
 オレンジ色の線の奥にある目的地の前が、広場になっていて、
 その広場で練習をしました。



2R目は、小学生を乗せた観光バスが2台到着したこともあり、
今までとは、少し違う練習となりました。

DSC_5937_20120708223513.jpg


駐車場の横にある練習場①と奥にある練習場②の羊達を
それぞれ外に連れ出して、少し広い練習場③にいる羊達と合流させ、
羊の頭数を20頭以上に増やしてから、練習をしました。
※ 通常の練習は、5頭~8頭・・
  たまに多いときでも、12頭くらいでしょうか・・


頭数が増えると、羊のスピードは格段に落ちますが、
少ないときより、羊の個性が没却するので、
ある意味では羊が扱い易くなります。
※ やはり、羊は、群れていてこそ羊として扱い易くなるのだと思います。
 もっとも、今日は、やたらと柵に体を擦りつける変な羊がいたので・・
 こま助は、そいつにちょっとビビッてましたね(笑)


20頭以上でやる練習・・これまた、いろいろと勉強になりそうです。
群れのどの部分をつくと羊はどう動くのか・・
動きやすいところはどこか・・・
※ 動きやすい羊はどれかじゃなく、動きにくい羊をも含めて
 群れの何処をつくと、群れを一つの集団として、狙った方向に動かせるか・・・



最後に今日のタイトル「楽しめるようになってきました」ですが、
自分とこま助が、シープドッグ講習会を楽しめるようになってきたのは、
かなり最近のような気もします。

もちろん、それまでも、楽しんでいたはずなのですが・・
羊を怖がって追わなかった時期なんかは、何度、もう辞めようかなぁ・・
っと思ったことか・・・
※ その時期は、こま助のたった一回の羊に向かっていこうとする
 気力を誉め、その気力を出せたことに楽しみを見出し、
  その次は、2回羊に向かっていく勇気を出せたことに楽しみを
 見出し・・なんてやってた気がしますが、ずっと逃げ腰ばかりで、
 失意のままに帰路についたことも結構ありましたからねぇ・・


まぁ、これからも、いろいろ練習していく過程で
調子良く楽しめる時期があったり、伸び悩みに苦しむ時期があったりで、
一足飛びに進んでいくことはできないと思いますが、
伸び悩む時期を含めて、楽しく続けていきたいと思ってます。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://degreearescuedog.blog94.fc2.com/tb.php/494-8b8318f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。