上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.04.06 相棒
相棒

最近になって、
そんな言葉を使える関係に
近づいてきたような気がするのは、
飼い主の勝手な驕りだろうか・・・

羊嫌いのこま助に
無理を強いながらやらせる過程では、
最近の日記に書いたように
かなり厳しい(酷いと言った方がいいかも・・・汗)こともしてきたけど、

おそらくは、こま助が好きなことや楽しいことだけをしてきていたら、
この相棒感覚は得られなかったように感じています。



先週に引き続き、土曜日の練習は、
道路向こうの一般放牧場で、
犬に追われたことのない種々雑多の羊80頭を、
馬の間をかいくぐりながら誘導するスペシャルレッスンでした。

DSC_4320.jpg

尻尾落ちてますが・・・
遊びであって、遊びでないのですから、
この位置が良いのです

DSC_4322.jpg

DSC_4322 (2)

ここへきて、
開始前に良い感じの緊張感を持ちながら、
犬との会話を楽しめるようになってきた気がします。
(これも飼い主側の単なる驕りかもぉ・・・笑)


DSC_4324.jpg

開始一発目・・アウトランとはなりませんが、
左の奥に馬がいるので、
このコース選択が最良だったと思ってます。

我が相棒には無理してもらうことも多々ありますが、
その身を不必要な危険に晒すわけにもいかないという。


お馬さんは基本的に大人しいのですが、
刺激をすれば、豹変することもあります。
今後、このスペシャル練習をする際に、
なるべく安全にできるよう
馬の性質も勉強しておこうと考える今日この頃です。



DSC_4332.jpg

背後の馬に緊張気味の飼い主・・・
結局のところ、こま助だけでなく、
飼い主もヨワッチイ系なんですよねぇ~


DSC_4342.jpg

この姿勢・・・・・
まるでボーダーコリーのよう(笑)
相棒のことを
頼もしいと感じれる場面も
少しづつ増えてきています。


DSC_4426.jpg

DSC_4430.jpg

群れが大きいと、
けっこう羊飼い気分にひたれたりします。


もっとも、先生によれば
『作業犬1頭で600匹くらい相手にできないと!』
ということなので、
全然レベル違うんですけどね・・・・・



DSC_4384.jpg

80頭くらいの群れですと、
ポジション的に羊の背後にいる犬の姿は見えない場面が増えてきます。
群れの形、個々の羊の向き、動く方向性・・etc
群れ全体の動きから、
相棒がどこでどんな状況なのかを推察して、
指示を出します。


終わってから気が付いたのですが、
ワンアクションでの移動距離が長くなりますから、
相棒がなるべく楽に仕事ができるように、
より効率的な指示を出せるようにしないといけませんし、
そもそも指示を出さない場面(=犬の判断に任せる)というものも
増やしていく必要がありそうです。





ちょっとだけ、ブログ村ランキング復活♪
よろしければクリックをお願いしまぁ~す

   

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://degreearescuedog.blog94.fc2.com/tb.php/777-c6857f79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。