上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超スランプ
っというか、まるっきり上達いたしません。

何がスランプ?
かといいますとぉ、
お馬さんです。

3月にはじめてぇ~
最初の5回くらいまでは、
回数を重ねるごとの進歩みたいなものも、
多少なりと感じられた気がしたのですが、

その後、特に4月の落馬事件があってからは、、
まるっきり進歩がないというか、
回数を負うごとに後退しているかも・・・・・。

足を引くと、重心が前にいっちゃうしぃ、
ついつい背筋がまるまっちゃう
で背筋を伸ばそうとすると、
自然と足が前に行ったり、
つま先で鐙を踏むようになっちゃったりする
手綱を持つ手の位置を直そうとすると、
背筋や足の位置がおろそかになる…
こんな感じに、何処かを直そうとすると
必ず何処が崩れるというような状態で、
とにかく上手くいきません。

本当に乗れるようになるんだろうかぁ・・・・・


[広告 ] VPS



ちなみにシープ講習会の方は、
そこそこ順調です。

この週末の練習は、ちょっと変わった練習となったため、
最初は上手くいかずに苦労しましたが、
少しづつ慣れてきて、二日目の今日は、
そこそここなせるようになり、
自分とこま助がまた別のステップに入れるキッカケになったような気がします。


1年半くらい前から練習しはじめた、
犬を一切見ず、羊だけを見て、
群れの形状や個々の羊の反応から、
犬の位置を把握して群を誘導する練習は、
今では概ねできるようになったと思っていますが、

今週末にした練習は、今までとは正反対の
犬だけを見て、羊を一切見ずに誘導するという練習でした。

パターン的には、シープ講習会のほぼ一番最初にやらされる
羊←人←犬という初心者配置になるのですが、
犬の動き(特に目線)だけから、見えない羊の位置や群れの形状を想像し、
羊を一切見ないままに、犬に指示を出して、
群れをスムーズに誘導するというのは、正直なところ、かなり難しく感じました。

それでも、やっているうちに
この練習は、ハンドラーの予測力を高めるというだけでなく、
こま助のような羊への興味がまだまだ薄い犬には、
羊に対する集中力を高めることにもつながり、
とても有効なものになりそうです。
(この練習では、犬がハンドラーを見たら(アイコンタクトしたら・・)、
即失敗という感じになります。
ハンドラーの存在を感じてその指示に従いながらも、
その目線は、ハンドラーの体をすり抜けて羊に釘付けになる・・
そういう状態を常に演出していくことが大切になります)




ただ今、ブログ村ランキング復活中♪
よろしければクリックをお願いしまぁ~す

   

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://degreearescuedog.blog94.fc2.com/tb.php/895-b4173f41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。