最近、いい感じのペースで更新が続いているかも?
っと自画自讃していたりします

さて、先日の続きとなりますが、
地獄の門を通り抜けたその先には、
いきなり無限地獄が待ちかまえていました。

飼い主のほんの少しの読み間違い、
指示のタイミングのわずかなズレ・・
犬の動作のちょっとした遅れ・・・etc・・・
そんな、小さなミスが一つ出てしまうと、
羊達は即座に左右どちらかの畜舎に入り込んでしまいます。
そして、ひとたび畜舎に入られる失敗をしますとぉ
その後は、左右の畜舎を行ったり来たり繰り返す無間地獄が・・・・
『カンバイ!』
『アウェイ! ライダウン!!』
怒号にも似たハンドラーの焦った声が早朝の牧場に響きわたり、
こま助も阿鼻叫喚の状態になってしまいます。


犬の動作の遅れと書きましたが、
実際のところは、これも単なるハンドリングミスです。
自分の犬を熟知し、その状況下における反応速度を予見した上で、
きちっと指示するのがハンドリングというものです。

“こう動いてくれたら、上手くいくかも…”というような
自分勝手な希望だけを求めて指示するのではなく、
実際にその犬が違和感なく動けるように指示するのが、
上手なハンドリングなんだと思っています。

余談ですが、最近の自分は明らかに勉強不足で、
人様の練習を見学する時間が減っていますが、
たまに見学するときには、必ず、そこで練習中のチームのハンドラーが、
もし自分であればという想定で仮想のハンドリングをするだけではなく、
犬の動き、羊の動きにそれぞれプラスマイナスの補正値を加え、
“この場面、こま助なら、このタイミングでこういう指示をするべき、
そうすると羊達はきっとこんな感じになるはず”
というシュミレーションをしながら見ています。
そのため、自分の犬とタイプの違う犬の練習風景を見るときの方が、
感覚を研ぎ澄ましながら、ない頭を必死でフル回転させたりする分だけ、
似たタイプの犬の練習をみるときより、勉強になるような気もします。



1_20161205211903577.jpg

この最大の難所での成功率は、極めて低くて、
群が5〜6頭くらいで50%くらい、
10頭を超えるてくると、一気に10%以下まで落ちこみます。

おそらくは、坂道を登りきる所で左9右1と強く牽制し、
そこから、右の比率を徐々に高めていけば、
かなり成功率が上がるような気がしていますが、
なかなかそれを実行できません。

なぜ実行出来ないかと言いますと、
その理由はいたって簡単でして、
単純に右の畜舎が怖いからだったりします。

左側の畜舎の入口周辺は、
ポニーや牛の居住区域と通路との仕切りが下の写真のようにきっちりしているので、
羊や犬と、牛やポニーとの接触範囲が極めて限定的になり、
いいとこ、ポニーや牛に臭いをかがれたあり、頭で小突かれたり・・
軽く噛まれそうになったりする程度なんですが、

馬の噛む力は、人の骨が砕けることもあるくらい強いので、
これはこれで、かなり危険なことなんですけどねぇ・・・・


008_20151206232527922.jpg

右側の畜舎に関しては、
こういうきっちりとした仕切りはなく、
農耕馬の居住区と通路の仕切りは、
馬の胸の高さくらいのところに仕切りの棒が一本あるくらいの状態です。
右側畜舎の写真は撮っていなかったんですが、
下の写真(左側畜舎の真ん中付近の写真)よりも更にザルな状態ですから、
羊や犬が、馬とが接触する可能性が極めて高い感じがして、
かなり恐いんですよねー

DSC_4110_2015122322575109d.jpg

そんなわけで、かなりビビッた状態で中途半端な指示を出すものですから、
なかなか上手いこと誘導することができず、
結局のところ、ハンドラーが羊と犬に近寄ってきて、
なおも収集が付かない状態に陥ってしまうという・・・・


7_20161205234914ba1.jpg
↑の写真に至っては、優柔不断なハンドリングをしたものですから、
一部の羊は右側で、残りの羊達は左側に・・という大変不名誉な状況に追い込まれました。



頑張って最難関の場所をクリアすることができたらぁ・・
その先には、それほど難しい場所もないので、
けっこう簡単だったりします


坂道を登らせてぇ~

2_20161205211903d9d.jpg

登り切ったところで、犬を回り込ませて、
今度は羊達を連れてこさせるだけです。

4_20161205211905ad1.jpg

5_201612052119062ab.jpg

行きは難所だった場所も、
羊達が本当に入りたいと思っている左側畜舎が、
右側畜舎より少しだけ先にあるため、
左9右1くらいのプレッシャーを遠慮なく与え続け、
左側畜舎への思いを断ちきったときには、
すでに魔の右側畜舎を通り越している形になるので、
意外とスムーズに行くんですよね〜



6_20161205211921a4d.jpg

ただ今、ブログ村ランキング復活中♪
よろしければクリックをお願いしまぁ~す

   


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://degreearescuedog.blog94.fc2.com/tb.php/925-5a640a5f