上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.03.15 最近の訓練
随分と更新がとどこおってしまいました。

今年に入ってからの講習会は、
全日程が朝6時50分のコースとなっていましたが、
実のところ、このコースに正確な開始時間はなく、
遅くとも6時50分にスタート!
もし、遅れてしまたら講習時間が短縮される!!
逆に、自分と先生の準備さえ整えば早めにスタート
ただし、この場合に講習時間の伸長はなく、終了時間が早まるだけ…
こんな暗黙の了解のもとで行われています。


っで、講習時間が長くなろわけでもないのに、
最近まで、早めのスタートを狙って、
かなり早い時間帯に牧場に着くよう頑張りました。


早めにスタートしたかった理由は、こちら↓

DSC_4921.jpg

DSC_4952.jpg

DSC_4977.jpg


昨年からはまっている写真撮影・・
朝日をバックに羊達と犬を撮りたいからなんです。

ただ、この日の出の時間帯の写真撮影というのは、
カメラ初心者にとって、いろいろ難しいことが多く、
失敗を重ねまくっています。

ただいま勉強中の絞り優先オートで頑張っていますが、
めまぐるしいくらいに変わる周囲の状況の中で・・
ISO感度は・・どうすれば?
どれくらいの絞りが適切なのか?
犬も羊も自分も動き回りながらだから、
シャッター速度も稼ぎたいし・・・
なんて考えながら慣れないボタン操作をしていると、
あっという間に日の出タイムが終わってしまって、
練習後に・・撮った写真をみては・・
毎回、「アラララっ」とガッカリする結果になっています。

DSC_4144.jpg

DSC_5159.jpg

言い訳にしかなりませんが、
ファインダー越しでのハンドリングは、
犬と羊達ばかりに目が向いてしまうので、
羊達が興味を持ちやすい場所だとか、
そこまでの距離といった周囲の状況が見えずらくなり、
ハンドリングのタイミングがワンテンポ遅れてしまい危険です。
なので、ファインダーを覗いたりボタン操作をする時間は、
最小限にしないといけませんから、
“ISOボタンはどれだっけ? 回すダイヤルはどっちだっけ?”
なんてやっている現状では話にもなりません。
やっぱり、もっとカメラに慣れ親しまないといけないみたいです。

柵内での練習のときは、羊達がこうなったから犬でこうする、
あるいは、羊達をこうしたいから犬でこうするというハンドリングでも問題ないでしょうが、
柵外での練習では、羊達をこうしないですむために、
犬をここに配置するという感覚のハンドリングが求められるので、
そのときの羊達の様子だけではなく、5秒後、10秒後、
ときには30秒以上後までの犬と羊達の行動予測をした上で、
これに必然的な補正(予想事案)と偶発的な補正(予想外の事案)をしてあげなければ、
とても危なっかしいものになってしまいます。



さて、訓練の話にもどしますが、
畜舎から羊達を出したら、
まずは復習コースで使う羊4匹を一般放牧場に入れ、
残る11匹で柵外練習の開始となります。

人←羊←犬のもっともオーソドックスな先導方式で、
ソフトクリーム屋から、事務所前の道路を経由して、
牛・ヤギ・羊用の畜舎の裏手を歩いて行きますが、
ここまでの行程は、練習というより軽い準備運動的なもので、
畜舎の裏手を半分ほど進んだ辺りからが、
ただいま取組中の練習となっていきます。


馬用厩舎の裏手を数回ほど往復するだけの練習ですが、
この単純な一本道のコースには、かつて羊達に一斉に飛び降りられた難所がありますし、
マンクスロフタンという羊達の放牧場があり、道路端に羊のエサが散乱していますから、
羊達への誘惑が何かと多い難しいコースとなっています。

このコースで、羊達の誘導をこま助に任せるというのが練習内容です。
ハンドラーが移動していいのは、厩舎の手前側の道路だけなので、
厩舎の裏手で羊と犬がどういう状況なのかが、まるっきり分かりません。

まるっきり分かりませんから、カンバイやアウェイなんて使えるわけもなく、
使えるコマンドはウォークオンだけになるのですが、
羊に真っ直ぐ進むというウォークオンでは、
羊達は次第に自分達の行きたい方向に曲がっちゃいますから、
ここでは、羊達を真っ直ぐ誘導しろという意味でのウォークオンになります。

もう二年近く前になるでしょうか?
一時期しきりにやっていた練習の実践バージョンという感じです。
ハンドラーが向いた方向に羊達をなるべく真っ直ぐに誘導する。
曲がった羊達を犬が自信の判断で、
カンバイやアウェイして修正できるようになることを最初の目的とし、
最終的には、そもそも羊達が曲がらないように、
カンバイやアウェイで微調整できるようになること
つまりは、犬と羊が見えているときにハンドラーがする予想を犬にやってもらう形になります。

羊の誘導というのは、もちろん力技が使えることが前提ですが、
最終的に目指すところは犬で羊達を動かすのではなく、
犬を使って羊達の通る道筋をコーディネートしてあげるところにあると考えています。
ですから、例えば、右に曲がりたい気持ちの羊がいるときに、
ハンドラーがすべきことは、羊が右に曲がるのを待ってから、
曲がった羊の向きを逆に戻すことではなく、
犬をほんの少しだけ、曲がりたい方向に配置してあげて、
羊達にそっち側には行けませんよということを知らせてあげることだと思っています。
ちなみに、ほんの少しという所がポイントで、
犬の存在をアピールしすぎると、そっち側には行けませんよではなく、
あっち側に行ってくださいになってしまいますから、
羊達はジグザグ走行になってしまい、犬も羊達も無駄なエネルギーを使うことになります。
このハンドラーがすべき判断となる羊達の進路を予想し、
極力羊達の進行方向を変更させないということを犬にやってもらうわけです。
なんだか難しいことのように思われそうですが、
先読み大好きなボーダーコリーに、経験上の先読みをさせてあげるだけで、
よく初級者にありがちなドライブやクロスドライブの場面で、
犬が勝手にアウェイやカンバイをしてしまい、
ハンドラーの下に連れ戻ってきてしまうことと
何ら変わりないことだったりします。



あの頃は、犬の判断力を高めるためだけの練習くらいに思っていましたが、
実際にこういう場面(羊も犬もハンドラーから見えないとき)で、
羊達を誘導するときに必要不可欠な練習だったんですね〜

DSC_5202.jpg


DSC_5204.jpg


DSC_5203.jpg


ただ今、ブログ村ランキング復活中♪
よろしければクリックをお願いしまぁ~す

   


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://degreearescuedog.blog94.fc2.com/tb.php/944-9da0121f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。